« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

後藤浩輝騎手が死去

私の持ち馬では最も多く勝った騎手です。

アメリカに修行に出かけられた頃は、正直

 「こんなヤツがアメリカに行ったところで
      何が変わるわけではないだろう」

と思っていました。
しかし帰国後どんどん成績を上げてきたことには
驚きました。

木刀事件は何がどうあれ、当然責を負うべきでした。
騎乗停止4ヶ月は大甘と思いました。
最低6ヶ月、いや1年以上が相当かと考えていました。
少しは生活が脅かされるくらいのことにならなければ、

「また休めばいいんだろう」

ですんでしまいますから。

しょうもない悪ふざけは競馬の世界の内でなら
まぁ大目に見ても良いでしょうが、
他の世界(例えば野球の始球式)などにからむ場合は、

「競馬の人間って、バカばっかりなのか」

と思われないようにすべきだったでしょう。


今日となっては不謹慎と思われるかもしれませんが、
この人には常に批判的な私でした。
しかし復帰に向けてリハビリに励む姿は真摯な
ものであったと感じていました。




すみません、もう一度この人を批判させてください。

「なにも死ぬこたぁねぇだろ」





ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

昨年の京阪杯

競馬評論家 水上学さんのブログで知ったことだが、
本当にひどい。

騎手が下馬し、ほかの係員が引き手を持ってようやく落ち着かせた
ローブティサージュを長ムチで殴打したJRA係員。

VTRを見ると、せっかく落ちついたところであり、個人的な「腹いせ」のために
殴打したとしか思えない。

競馬ファンとして、見ただけで悲しくなる。

重賞に出ているような競走馬をなんだと思っているのか。
オーナー、生産者、厩舎関係者、馬券を買っているファン、
などなどの気持ちを少しでも慮ることのできる普通の人であれば
絶対にできない蛮行だ。

水上さんも言っておられるように、この人は競走馬に直接関わる仕事には
不適と断ぜざるを得ない。

少なくともJRA内で相応の処分があってしかるべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

ラブリリックもガーネットチャームも

この3月で終了、のようだ。

今週ガーネットチャームが出走するが、
どんなものか。

まぁ獲得賞金5800万ならダメとは言えない。

4月以降はさらに寂しくなりそうなだけに、
新規出資はそろそろやめるべきなのか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年4月 »