日記・コラム・つぶやき

2017年9月12日 (火)

山野浩一氏 死去

もう2ヶ月近く経ってしまったが、
敬愛する作家・競馬評論家の山野浩一氏が亡くなった。

なんだかんだ言っても現代競馬の血統云々について、
氏の業績は極めて重要だ。

小説は難解なものもあるが、私なりに楽しませていただいた。

逝去の数日前の日付のブログ・・・。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

パーティ前で忙しい

かなり放置しました。

パーティ前で今は忙しいけれど、
もう少しどうにかしたほうがいいかなとは思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

新年明けましておめでとうございます

ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。


(サイト更新は・・・そのうち、、、なんとかがんばります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

放置してしまいましたが

新年となりましたので良いほうに変わってくれば、、、とおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます

皆々様も、私自身も、、、

仕事も馬も順調で健康に過ごせる一年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

年末にあたり・・・

皆々様、本年もありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年もあとわずか

忙しさはあるものの、年末らしい「まとめ」風のことは何も出来ていない。

そもそもモノを片付けたり、掃除をしたり、というのは
仕事関連では無理矢理にもやるが、大の苦手。

政治不信、そこに起因して多面的な「日本国」の水準低下が
顕著な昨今、新年においてどのような心構えが正当なのか?

安直に景気回復に期待、などと言っておけばよいのだろうか。

バカみたいな物言いになってしまったので、
ごあいさつは別エントリで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

ダンシがしんだ

談志が死んだ。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


数十年前からある回文。
いつ新聞の見出しになるのか、と数十年思い続けていた。
落語は好きだが、実はこの人はあまり好きではなかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

「うん、うん」は友達同士でなら、、、子供相手ならまぁいいかな?

ブログネタ: “自分の常識”が世間では違ったこと、ある?参加数


数件前に書いた・・・

少々かしこまった場所なのに、
または年上、目上の人相手なのに、

「うん、うん」

と相槌、返事をする人、おかしいよ。




私がだんだん「ウルセーオヤジ」化したってこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

俺らの仲間では先輩たちの・・・

などという発言や記述を近頃よく見かける。

「俺ら」と言ったらバカ、とみてほぼ間違いない。

「先輩たち」なんてのは日本語としてダメ。
「先輩方」というべき。

また近頃はこちらが丁寧な言葉づかいで
話しているのに対して変な受け答えをする輩も増えた。

先日某百貨店で、、、
私 「来月発売の限定品なんですが、
   こちらで予約できますか?」
店員 「ウン、だいじょうぶですよ」

これが30代と思われる女性。
こういうヤツが嫌だからデパートに来たのに。

「うん」という返事が子供に許されているのが
いけないのだろう。

子供同士や年下には「ウン」と言っても、
大人と話すときやきちんとした場面では
「うん」と言うと、

     「はい」と言いなさい。

と言われて当然だと思うのだが。

また、
「ごめんなさい」
という謝り方も親しい人に対してのものであって、
目上の人や不特定の他人に対しては失礼だろう。

先日はTVのアナウンサーが言い間違いを
「ごめんなさい」ですませていた。


「失礼いたしました」
「申し訳ございません」
「お詫び申し上げます」

あたりはもう使われなくなった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧